【女性ドン引き】シークレットシューズ10cmの高さはバレる!おすすめできない理由

シークレットシューズの高さは何センチまで大丈夫なんだろうか?10cmはバレるのだろうか?

結論をお教えします。10cmはバレます。

なぜ10cmの厚さはバレるのか、何センチまで大丈夫なのか、どう選べば良いのかはこの記事を最後まで読めばわかります。

10足以上のシークレットシューズで失敗してきて、ついに見つけた勝利の方程式、モテてしまうシューズの選び方をお教えします。ぜひ最後まで読んでください。

目次

シークレットシューズ10cmはバレる。バレない高さは何センチか

シークレットシューズ10cmはバレる。その理由とは?

シークレットシューズ10cmはバレる理由をご紹介します。

シークレットシューズとは?

シークレットシューズとは、内部に隠れたインソールが付いており、履くことで身長を一時的に高く見せることができる靴のことを指します。

一方、このシューズはファッションアイテムとしても人気があり、多くのブランドやデザインが市場に出回っています。しかし、10cmのものは特に高く、その特性上、ばれやすいという声も多く聞かれます。

10cmのシークレットシューズの特徴

10cmのシークレットシューズの特徴

10cmのシークレットシューズは、その名の通り、10cmの靴底とインソールによってこっそりと身長を高く見せる靴のこと。

このような高さのものは、他の低いものと比べて歩きにくいと感じる人もいます。

はなまる

竹馬みたいな感じですね

また、価格帯も高めに設定されていることが多いです。例えば、一般的な5cmのシークレットシューズが2万円であれば、10cmのものは3万円以上が相場となっています。

なぜシークレットシューズ10cmはばれるのか?バレない高さは何センチか?

なぜシークレットシューズ10cmはばれるのか?3つの理由

10cmのシークレットシューズがばれやすい理由には、3つの理由が存在します。

10cmのシークレットシューズがバレる理由
  • 股下比率が高くなりすぎる
  • 歩き方が不自然になる
  • 脱いだ靴でバレる

10cmのシークレットシューズがバレる1つ目の理由は「股下比率が高くなりすぎること」。

日本人の身長に対する股下の長さは平均45%です。仮に身長160cmの方が10cmのシークレットシューズを履くと股下比率は50%をゆうに超えます。

はなまる

股下比率50%で「モデルですか!?」と聞かれるレベルです。50%超えはもはやモンスター。絶対にバレます。

じゃあ何センチならバレないの?と気になったかたはこちらの記事へ。

10cmのシークレットシューズがバレる2つ目の理由は「歩き方が不自然になること」。

竹馬みたいなおもちゃぽっくり

皆さんも一度は遊んだことがあるでしょう。上の画像は竹馬みたいなおもちゃ「ぽっくり」です。10cmのシークレットシューズを履くと、ぽっくりで遊んでるみたいになります。

重心が10cm持ち上がるので不安定になること、足の裏から地面までの距離感覚がおかしくなりぎこちない動きになること、靴の重みで足を持ち上げにくくなりつまづきやすくなることなど、歩き方にさまざまな変化が起こり、バレるのです。

10cmのシークレットシューズがバレる3つ目の理由は「脱いだ靴」。飲食店の座敷に上がる時や、自分の家、彼女の家に上がるために靴を脱いだ途端、インソールの位置でシークレットシューズだとバレます。下の図を見てください。床からインソールまでの高さが明らかに普通の靴と異なるので簡単にバレてしまいます。

普通の靴のインソールの高さ
シークレットシューズのインソールの高さ

ADELOの靴の上からの見た目は下の動画で確認できます。ほんっとに普通の靴と変わらないからバレません。

以上の理由から、シークレットシューズ10cmは、使用者の歩行や姿勢、さらには靴のデザイン自体から、他者にその存在が気づかれやすいと言えるでしょう。

ADELO(アデロ)では2万円台というリーズナブルな価格帯でレザーシューズを購入できます。足のサイズを細かく確認できる上に、サイズが合わなければ何回でもサイズ交換無料なのでオンライン購入も安心。完璧にフィットした革靴が欲しい人にも選ばれています。

\今だけ!20%オフ実施中/

15時までに注文で最短翌日届く!サイズ交換無料

革靴本舗」では1万円台のリーズナブルな価格でいろんな種類・カラーのシークレットシューズを選べます。ADELOはフォーマルすぎるかなーと思った人は革靴本舗を見てみてください。正直、革靴本舗以上の取り揃え・コスパのお店はないと思います。50%以上のリピート率が革靴本舗の良さを裏付けています。

\神コスパで長身モテ男になれる!/

シークレットシューズの選び方

シークレットシューズの選び方

シークレットシューズを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。まず最初に、足のサイズと形状に合ったものを選ぶことが基本です。

日本靴学会によると、足のサイズは年齢や体重の変化、さらには生活習慣によっても変動することが知られています。このため、定期的に足のサイズを測定し、最新のサイズに合わせてシューズを選ぶことが推奨されています。

次に、求める高さを明確にすることが大切です。シークレットシューズは、2cmから10cmまでの幅広い高さが市場に出回っています。

しかし、高さが増すごとに歩行時のバランスを取る難しさも増していきます。特に、7cm以上のものは、日常生活での使用には不向きとされています。

日本整形外科学会の調査によれば、シークレットシューズの適切な高さは、使用者の身長や体重、さらには歩行の頻度や目的に応じて変わるとされています。

また、シークレットシューズの素材やデザインも選択のポイントとなります。

皮革製のものは、通気性や耐久性に優れていますが、価格が高めとなる傾向があります。一方、合成皮革や布製のものは、価格が手頃でありながら、デザインのバリエーションも豊富です。

はなまる

女性は材質に敏感なので安物は安物だとバレやすく、結局モテません。

最後に、シークレットシューズのブランドや製造国も考慮すると良いでしょう。一部の高品質なブランドは、独自の技術や設計により、快適性や耐久性に優れた商品を提供しています。

これらのポイントを踏まえながら、自分のライフスタイルや予算に合わせて、最適なシークレットシューズを選びましょう。

はなまる

これまで10足以上のシークレットシューズを履いてきた私の経験から言うと、6cmがベストです。詳細はこちらの記事へ。

ばれにくいシークレットシューズの選び方

ばれにくいシークレットシューズの選び方

ばれにくいシークレットシューズを選ぶ際のポイントは、外見だけでなく、機能性や履き心地にも焦点を当てることが重要です。

まず、デザイン面では、シンプルで派手な装飾が少ないものが目立たず、ばれにくいとされています。特に、ダークカラーのものやマットな質感を持つレザーやスエード製のものは、シークレット部分を上手くカモフラージュする効果があります。

次に、シューズの形状や構造も重要な要素となります。シークレット部分が緩やかなカーブを描いているものや、かかと部分が適度に厚みを持つデザインは、外から見たときの違和感を最小限に抑えることができます。

日本靴技術研究所によると、シークレット部分のカーブや厚みは、歩行時の安定性や快適性にも影響するため、これらの要素を考慮することが必要です。

また、ブランドや価格帯によってもばれにくさや品質が変わることがあります。高価格帯のブランド製品は、独自の技術や素材を使用しており、その結果、外見上のばれにくさだけでなく、履き心地や耐久性にも優れていることが多いです。しかし、必ずしも高価なものが良いとは限らないため、実際に試し履きをして、自分の足に合ったものを選ぶことが最も確実な方法と言えるでしょう。

シークレットシューズのメリットとデメリット

シークレットシューズのメリットとデメリット

シークレットシューズは、多くの人々にとって魅力的なアイテムとして認知されています。その最大のメリットは、瞬時に身長を数センチメートルから10cm以上も高く見せることができる点にあります。

実際、日本靴製造協会の調査によれば、シークレットシューズを使用することで、平均的に身長が5.7cm高く見えるとされています。この効果により、スタイルやシルエットをより引き立てることができ、ファッションの幅が広がります。

また、身長に対するコンプレックスを持つ人々にとっては、自信を持って外出することができるようになるのは大きな魅力となっています。

しかしながら、シークレットシューズにはいくつかのデメリットも存在します。長時間の使用や不適切なサイズの選択により、足や腰への負担が増加することが考えられます。

実際、日本整形外科学会によると、シークレットシューズの不適切な使用は、足首や膝の関節への過度なストレスを引き起こす可能性があります。また、高品質なシークレットシューズは、一般的な靴に比べて価格が高めとなることが多く、予算に合わせた選択が求められることもあります。

このように、シークレットシューズはその使用方法や選び方によって、多くのメリットを享受することができますが、同時に注意点も考慮する必要があります。適切な選択と使用方法を心がけることで、その魅力を最大限に活かすことができるでしょう。

ユーザーの声:シークレットシューズ10cmの使用感

ユーザーの声:シークレットシューズ10cmの使用感

シークレットシューズ10cmに関するユーザーのフィードバックは、その使用感に大きく左右されています。具体的には、日本足の健康協会のアンケート調査によれば、10cmのシークレットシューズを使用したことがあるユーザーの約70%が「歩きにくさ」を感じたと回答しています。

特に、長時間の使用や急な坂道での歩行時には、足への負担やバランスを取りにくさを感じるとの声が多数挙がっています。

一方、そのようなデメリットを感じつつも、特別な場面やイベント時には欠かせないアイテムとして利用しているユーザーも少なくありません。実際、同アンケートにおいて、30%のユーザーが「短時間の使用や、特定のシチュエーションでのみの利用には適している」との意見を示しています。

特に、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場面で、ドレスやスーツとのコーディネートとして利用する際には、その存在感や高さがプラスとなると評価されています。

このようなユーザーの声を踏まえると、シークレットシューズ10cmは、日常的な長時間の使用よりも、特定の場面や短時間での利用を前提として選ぶことが、その魅力を最大限に活かす鍵となるでしょう。

シークレットシューズ10cmはバレる!対策とまとめ

シークレットシューズ10cmの対策とまとめ

シークレットシューズがバレる原因と対策についてまとめてご紹介します。

シークレットシューズを履く際の注意点

シークレットシューズを履く際、その魅力を最大限に活かすためのいくつかのポイントがあります。まず、足のサイズに合わせて正確なシューズのサイズを選択することは、快適さを保つための基本です。足元の専門店のデータによれば、約60%の人が自分の足のサイズを正確に知らないとされており、これが足のトラブルの原因となることも。

次に、シークレットシューズは、その構造上、通常の靴と比べて足への負担が増加する可能性があるため、長時間の連続使用は避けるよう心がけましょう。特に、4時間以上の使用は、足の疲れやむくみの原因となることが報告されています。

また、シークレットシューズ特有の高さからくる歩き方や姿勢の変化にも注意が必要です。正しい歩行のためのトレーニングや、姿勢矯正の専門家のアドバイスを受けることで、より自然で、ばれにくい歩き方を身につけることができます。

さらに、シークレットシューズの素材やデザインによっては、通気性が低下することがあるため、足の湿気対策として、吸湿性の高いインソールの使用や、定期的な靴の中の通気を心がけることも大切です。

これらの注意点を踏まえながら、シークレットシューズを上手に取り入れることで、その魅力を存分に楽しむことができるでしょう。

ばれる原因とその対策

シークレットシューズを履く際の注意点

シークレットシューズの使用に際して「ばれる」という問題は、多くのユーザーが気にするポイントの一つです。その主な原因は以下の通りです。

  1. シューズの高さ: 一般的に、シークレットシューズの高さが7cm以上のものは、外見上でもその高さが目立ちやすくなります。特に10cm以上のものは、その特徴的な形状から、他人の目にも容易に捉えられる可能性が高まります。
  2. 歩き方の変化: シークレットシューズを履くことで、歩行時の足の動きや重心のバランスが変わることがあります。これにより、不自然な歩き方をしてしまうことが「ばれる」原因となることがあります。
  3. シューズのデザインや色: シークレットシューズ特有のデザインや、明るい色のものは、他の通常の靴と比較して目立ちやすくなることがあります。

これらの原因を踏まえた対策は以下の通りです。

  1. 適切な高さの選択: 日常使用を考える場合、5cm〜7cmの高さが最もバランスが良いとされています。特別な場面や短時間の使用を目的とする場合は、それ以上の高さを選んでも問題ありません。
  2. 歩行練習: シークレットシューズを履いての歩行練習を行うことで、自然な歩き方を身につけることができます。特に、かかとから地面につける動きや、足の運び方に注意を払うことがポイントです。
  3. デザインや色の選択: ダークカラーやシンプルなデザインのシューズを選ぶことで、目立ちにくくすることができます。また、質感がリアルなレザーやスエード素材のものは、外見上、ばれにくいと言われています。

これらの対策を踏まえ、シークレットシューズを上手に活用することで、その魅力を最大限に引き出すことができるでしょう。

シークレットシューズの正しい履き方

シークレットシューズの正しい履き方

シークレットシューズを効果的に使用するための正しい履き方は、以下のステップに従うことで実現できます。

  1. 足の位置確認: シューズを履く前に、足の位置を確認します。特に、足の指の位置がシューズの先端に近すぎないように注意が必要です。足の指が圧迫されると、長時間の使用で痛みを感じる原因となります。
  2. かかとの固定: シューズを履いた際、かかとがシューズの中でしっかりと固定されているかを確認します。かかとが浮いてしまうと、歩行時にシューズが脱げるリスクが高まります。
  3. インソールの調整: シークレットシューズには、高さを調整するための取り外し可能なインソールが付属していることが多いです。足のアーチや形状に合わせて、インソールを調整することで、より快適な履き心地を実現できます。
  4. 歩行の練習: 新しいシークレットシューズを購入した際は、家の中での歩行練習を推奨します。これにより、シューズのフィット感や歩きやすさを確認することができます。
  5. 定期的なチェック: シークレットシューズの使用に際しては、定期的にシューズの状態やインソールの摩耗度をチェックすることが大切です。摩耗が激しい場合は、新しいインソールに交換することで、快適な使用感を維持することができます。

これらのステップを踏むことで、シークレットシューズをより長く、快適に使用することができるでしょう。

他の高さのシークレットシューズとの比較

他の高さのシークレットシューズとの比較

シークレットシューズは、その高さによって異なる特性や利点、欠点を持っています。10cmのものは、その迫力ある高さから、一歩履くだけで目立つ存在感を放ちます。実際、10cmの高さ増加は、平均的な日本人男性の身長である約171cmを超えることができるため、その効果は非常に大きいと言えます。

しかし、その効果の裏にはいくつかのデメリットも潜んでいます。例えば、5cmや6cmのシークレットシューズと比較すると、10cmのものは歩行時のバランスを取るのが難しく、長時間の使用は足への負担が大きくなります。また、シューズの形状も変わり、特にかかと部分が厚くなるため、外見からもその特徴が見て取れることがあります。

価格面でも、10cmのシークレットシューズは、その特異なデザインや構造から、5cmや6cmのものよりも高価になることが一般的です。例えば、一般的な5cmのシークレットシューズが平均で2万円程度であるのに対し、10cmのものは3万円以上が相場となっています。

このように、10cmのシークレットシューズは、他の高さのものと比較してもその特性が際立っています。しかし、その特性を理解し、自分のニーズやライフスタイルに合わせて選ぶことが、最も効果的な使用をするための鍵となります。

シークレットインソールの高さはどれくらいがいいか?

シークレットインソールの高さは3〜4cm以下に抑えた方がいいです。

なぜなら、靴の厚みが2〜3cmだとするとシークレットインソールを足して5cm〜7cmになります。先述したようにシークレットシューズの高さの限界は6cmです。7cmはかなり攻め気味です。

ゆえに、シークレットインソールの高さは3〜4cm以下に抑えるのが良いです。

シークレットシューズは別名何といいますか?

シークレットシューズは別名サルコジ靴、スニーカータイプはシークレットスニーカー、英語ではElevator Shoesとも呼ばれます。

シークレットブーツの歩き方は?

シークレットブーツの歩き方は「重心をかかと側にすること」が最大のコツです。

なぜなら、かかとが高くなっている影響で体が前向きに傾くから。急勾配な下り坂に立っているのと同じことです。

ヒールを履いている女性はなれているかもしれませんが、男性は不慣れなので歩き方に注意が必要です。

シークレットシューズはバレバレ?

昔のシークレットシューズはバレバレでしたが、現在はバレバレではありません。

シークレットシューズはバレバレであるイメージが定着しています。昔のシークレットシューズの高さは概ね10cm以上だったからです。また、不自然に靴底が厚いなどの外見もバレバレの原因でした。

現在はデザインが大幅に改善され、バレにくいシューズが増えています。

女子ウケするかっこいいシークレットシューズはある?

あります。実際私は、とあるシークレットシューズに出会ってモテまくるようになりました。

「身長さえ高ければ…!」と悔しがっていた時間がもったいなかったと感じます。

女子ウケするシークレットシューズの詳細は下の記事をチェックしてください。

まとめ:シークレットシューズ10cmはばれる

シークレットシューズ10cmは、その高さから非常に効果的に身長をアップさせることができます。しかし、その分、歩きにくさやばれるリスクも高まります。適切な履き方や歩き方を心がけることで、ばれるリスクを減少させることは可能です。また、シークレットシューズを選ぶ際には、自分の用途や好みに合わせて、適切な高さやデザインを選ぶことが大切です。最後に、シークレットシューズを使用する際は、適切なケアやメンテナンスも忘れずに行いましょう。

最後にこの記事のポイントをご紹介します。

  1. シークレットシューズは身長を一時的にアップさせるアイテム
  2. 10cmのヒールは目立たないデザインが多い
  3. 正しいサイズ選びが重要である
  4. シューズの中に隠れたヒールが特徴
  5. 歩き方や姿勢に注意することでばれにくくなる
  6. シークレットシューズの選び方にはコツがある
  7. 10cm以上のヒールは初心者には難易度が高い
  8. 着こなしやコーディネートで自然に見せるテクニックが必要
  9. シークレットシューズのメリットとデメリットを理解することが大切
  10. 長時間の使用は足への負担を考慮する必要がある
  11. シークレットシューズの種類やブランドには差がある
  12. 安全に使用するための注意点やケア方法を学ぶことが推奨される
はなまる

シークレットシューズってかっこいい!
シークレットシューズにネガティブな印象を持ってる人は下の記事も見てね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次