飛行機にシークレットシューズはOK?空港の検査でバレない厚底靴とは

飛行機にシークレットシューズを履いて行ったら、空港の検査でバレない?彼女に嫌われたり、友達に笑われるのでは?

はなまる

そんな不安が頭をよぎり、夜も眠れませんでした

結論、今のままではバレる可能性があります。

なぜバレるか?バレないようにするにはどうしたらいいのか?この記事を読めば解決します。安心して旅行に行きたい人は絶対最後まで読んでくださいね。

この記事を読めばわかること
  1. 空港のセキュリティチェックでシークレットシューズがどのように扱われるか
  2. 空港の検査でバレるシークレットシューズ
  3. 空港の検査で脱いでもバレないシークレットシューズ
  4. 飛行機内でのシークレットシューズの快適性と適切な素材選び

保安検査は飛行機に乗る全ての人が受けなければならない検査です。検査員の指示には必ず従ってください。

目次

飛行機に搭乗前、手荷物検査でシークレットシューズはバレるのか

飛行機に搭乗前、手荷物検査でシークレットシューズはバレるのか

結論、「あるコツ」を知らなければバレる可能性があります。

検査を拒否すれば飛行機に乗れない可能性もあり、シークレットシューズがバレる以前の問題で同行してる人に嫌われてしまいます。

この記事でご紹介する対策を参考にしていってください。

靴の検査強化:2019年9月からの変更点

2019年9月以降、多くの空港で靴の保安検査が強化されました。これは、靴を利用した不正行為や安全上の懸念に対応するための措置です。

この変更により、靴のX線検査がより一般的になり、特に日本における国際線においては「厚底靴」「くるぶしを覆う靴」「ブーツ」「安全靴」を脱いで検査を受けることになりました。(参照:国交省

このため、シークレットシューズを履いている場合、検査時に靴を脱ぐことが求められる可能性が高くなっています。この変更により、シークレットシューズの利用者は、検査時にスムーズに対応できるよう、事前の準備がより重要になっています。

はなまる

「くるぶしを覆う靴」「ブーツ」「安全靴」は論外です。確実に脱がされるでしょう。

しかし「くるぶしを覆う靴」「ブーツ」「安全靴」を避けてもなお、シークレットブーツが「厚底靴」に該当する可能性があります。

「くるぶしを覆う靴」「ブーツ」「安全靴」を避けた上でどのように対策すべきか、続きでご紹介します。

選択肢は2つです。

  • 脱ぐことを求められにくいシークレットシューズにする
  • 仮に脱がされたとしてもバレないシークレットシューズにする

まず「脱ぐことを求められにくいシークレットシューズにする」から説明します。

シークレットシューズは厚底靴に該当するか?厚底靴の定義とは?

国交省より靴検査の強化
国交省より抜粋

空港の検査で検査を求められるのは上記図の通り、「安全靴」「厚底靴」「ブーツ」「くるぶしを覆う靴等」です。

逆にいえば、「安全靴」「厚底靴」「ブーツ」「くるぶしを覆う靴等」に該当しないと判断されれば検査はされないことになるでしょう。

ところで厚底靴の定義とは何センチなのかは国交相のHPに書かれていませんでした。

はなまる

「厚底靴」の定義が書かれていない以上、最初から脱ぐかどうかは個々の判断に委ねられてるってこと?

そこで国交省HPの上記画像から、厚底靴はどれのことを指しているのか考えてみました。

厚底靴とは?

画像の見た目からわかる厚底靴とは、上記画像の左から2番目と右から2番目であると考えるのが普通の感覚だと思います。もしかすると左から3番目も厚底靴として分類されるかもしれません。

そして左から2番目、3番目、そして右から2番目の靴の厚さは10cm以上であるように見えます。

また、厚底靴のウィキペディアによれば、10cm以上の靴を厚底靴と分類していると考えられます。

したがって、かかと高さが10cm未満であれば厚底靴に該当しないと判断される可能性があります。

要するに、そこに武器を隠せるかどうかが重要なのだと思います。武器を隠せなそうなデザインを選ぶことも大切ですね。

ただし、かかとの厚みが10cm未満であったとしても、検査員に不自然だと思われれば脱ぐように指示されることがあるでしょう。

従って、見た目の自然さも重要となります。

私が愛用するADELOや革靴本舗のシークレットシューズであれば、高さは5cm〜7cmなので、高さの定義の面ではクリア。

下の画像の通り、厚底に見えないデザインなので見た目の自然さの面でもクリアしていそうです。

ADELO

\今だけ!20%オフ実施中/

15時までに注文で最短翌日届く!サイズ交換無料

革靴本舗

\神コスパで長身モテ男になれる!/

金属探知機に引っかからないシークレットシューズ

空港の保安検査でシークレットシューズが問題にならないようにするためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

まず、金属探知機に反応しない素材で作られたシューズを選ぶことが重要です。

金属探知機に反応する基準は公式に発表されていませんが、一般的に知られていることとして「ベルトの金属ナックルは反応する」「ジーパンのファスナーやお腹の留め具は反応しない」という基準があります。

すなわち、武器になるくらいの大きさであれば反応すると解釈できます。

金属をどの程度しているのか、私が確認できたメーカーをご紹介します。

はなまる

不安すぎてメーカーの人に聞いちゃいました

ADELO

はなまる

空港の検査で貴社のシークレットシューズが金属探知機に引っかからないか、という点が気になりました。 貴社の靴の内部に、最大でどの程度の大きさの金属が使われているでしょうか?

男性

弊社ADELOの靴内部には金属の部品は使用しておりません。
どうぞよろしくお願いします。

\今だけ!20%オフ実施中/

15時までに注文で最短翌日届く!サイズ交換無料

革靴本舗

はなまる

貴社製シークレットシューズの内部に金属を使用しているかどうかをお伺いしたく連絡させていただきました。
使用しているとすれば、どの程度の大きさかもお教えいただけますと幸いです。

男性

靴内部にはシャンク(shank)と呼ばれる、靴のアーチを支える役割を持つ芯材が入っております
「ふまず芯」とも呼ばれています。
シャンクに関しては下記のページに詳しい説明がございますのでご確認下さい。
https://www.shoe-repair.net/blog/3188/

このシャンク素材が金属である場合が多くございます。
これは、シークレットシューズ特有のものではなく、一般的な靴(革靴に多いように思われます)にも使用されているものです。

そのため、シークレットシューズだから空港の保安検査で引っかかるということではありません。

シークレットシューズ内部のシャンクの金属で引っかかる場合は、
その他の一般的な革靴でも引っかかる可能性が高いかと思います。

保安検査場の金属反応レベルは、その時々によってかわってまいります。
国によっても異なりますし、同じ空港でもテロ事件があった後はセキュリティーレベルが上がります。

また、身につけている金属の総量でも異なりますので、
同じ靴を履いていても行きは鳴らなかったが、帰りはベルトも着けていたので鳴った、という可能性もございます。
鳴った場合は、ベルトや靴、時計も一緒に外して再度検査を受けるということもあるかと思います。

先日インドへ行った弊社スタッフは、ニューバランスのスニーカーを履いていてベルトをしていたら鳴ったので、
ベルトも外して靴も脱がされた、と言っておりました。

金属探知機の反応に関しては、シークレットシューズ固有のものではなく、
靴全体に該当する可能性があると思って下さい。

\神コスパで長身モテ男になれる!/

次に「脱いでもバレにくいシークレットシューズにする」を説明します。

脱いでバレやすいシークレットシューズとバレにくいシークレットシューズ

脱いだ時にバレにくいシークレットシューズの特徴は

  • 6cm以下である
  • 斜め上から見たインソールの深さに違和感がない

です。

なぜ6cmより大きいとバレやすく、6cm以下であればバレにくいかというと、履いてる時と脱いだ時の股下比率の変化にあります。

ちなみに身長が151cm〜170cmであれば、厚さ6cm以下がバレにくいです。

はなまる

6cm以下なら、靴を脱いだときの落差でバレることはなさそう

詳細はバレないシークレットシューズの高さの記事をご覧ください。

斜め上から見た時のインソールの深さでバレることもあります。下の画像をご覧ください。

インソールの位置がおかしい
普通の靴

インソールの深さに違和感を感じさせる原因は、靴底の厚さと、踵を覆う部分の深さです。

多くの通販サイトに掲載されているシークレットシューズの画像を見てください。インソールが写らないように撮影されていますよね。そのシークレットシューズは、斜めから見たらバレるからその角度から撮影されているのかもしれません。

その点、下のシークレットシューズは斜めからインソールが写るように撮影されています。踵を覆う部分の輪郭が緻密に設計されており、インソールの位置に違和感を感じない。だからバレないのです。

はなまる

これなら飛行機に履いていっても大丈夫そうですね!

国内線と国際線の保安検査の違い

国内線と国際線の保安検査の違い

国内線と国際線の保安検査にはいくつかの違いがあります。

国際線の方が、一般的に保安検査が厳格で、靴の検査もより詳細に行われる傾向にあります。たとえば、国際線では靴を脱いでX線検査機に通すことが求められることが多いです。

これに対して、国内線では靴を履いたまま通過できる場合がほとんどです。

しかし、どちらの場合も、シークレットシューズを履いていると、靴を脱ぐ検査を受ける可能性があるため、事前に準備しておくことが重要です。

シークレットシューズの利用者の体験談

シークレットシューズの利用者の体験談

多くのシークレットシューズの利用者は、身長を少し盛ることで自信を持って歩けると感じています。

しかし、空港での保安検査は、一部の利用者にとっては少し緊張の原因となることもあります。例えば、金属探知機に反応してしまったり、靴を脱いで身長が下がることで彼女にバレてしまう不安があります。

ただ、これらの経験を通じて、多くの利用者は適切なシューズの選び方や検査時の対応方法を学んでいます。

結果として、シークレットシューズを履くことで得られる自信と、空港でのスムーズな検査のバランスを取ることが重要だという意見が多く見られます。

飛行機でのシークレットシューズの利用ガイド

飛行機でのシークレットシューズの利用ガイド

検査でシークレットシューズだとバレない施策がわかったので、シークレットシューズを履きながら飛行機での時間を快適に過ごすコツをご紹介します。

長時間のフライトでのシークレットシューズの快適性

長時間のフライトでのシークレットシューズの快適性

長時間のフライトでは、足の快適性が重要な要素となります。

シークレットシューズは、通常の靴と比べて内部構造が異なるため、長時間履いていると足に疲れや不快感を感じることがあります。

このため、長時間のフライトには、足に負担が少なく、通気性が良い素材を使用したシークレットシューズを選ぶことがおすすめです。

通気性が良いシークレットシューズといえば革靴本舗。オーダレス加工を施した高機能な素材を靴の内側に使用しているため、消臭・防カビ・抗菌・速乾・瞬間吸収で飛行機の長旅も快適に過ごせます。

また、フライト中には適宜足を動かしたり、ストレッチを行ったりすることで、足の疲れを軽減することができます。

空港でのシークレットシューズの検査対応策

空港でシークレットシューズを履いている場合、スムーズに保安検査を通過するための対策が必要です。まず、靴のデザインが自然であることを確認し、金属部品が含まれていないことを確かめることが大切です。

また、検査時に靴を脱ぐ必要がある場合に備えて、脱ぎ履きが容易なデザインのものを選ぶことも重要です。さらに、靴の中に隠しポケットなどがないか、事前に確認しておくこともおすすめします。

これらの対策を講じることで、空港での保安検査をスムーズに通過することができます。また、万が一検査官から質問された場合には、正直にシークレットシューズであることを説明することも大切です。

これにより、不必要な誤解や疑念を避けることができます。

まとめ:飛行機にシークレットシューズはOK?空港の検査でバレない厚底靴とは

  1. シークレットシューズは空港のセキュリティチェックで特別な注意が必要
  2. 飛行機内での快適性を考慮し、通気性の良い素材のシークレットシューズを選ぶべき
  3. シークレットシューズのサイズ選びは足の健康に直結する
  4. 長時間の使用には足のストレッチや適宜の休憩が重要
  5. シークレットシューズの保管とメンテナンスは靴の寿命を延ばす
  6. 購入時にはデザインと機能性を兼ね備えたモデルを選ぶことが望ましい
  7. シークレットシューズのトレンドは若い世代を中心に拡大している
  8. 将来的にはより快適で機能的な素材の開発が期待される
  9. 日常生活での違和感がない自然なデザインの選択が重要
  10. シークレットシューズはファッションアイテムから必需品へと進化している
  11. 適切なインソールの選択と交換は快適性を保つために不可欠
  12. 購入前には材質や構造、メンテナンスのしやすさを確認することが重要
はなまる

シークレットシューズってかっこいい!
シークレットシューズにネガティブな印象を持ってる人は下の記事も見てね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次